よくお口が乾く、ネバネバしている、口臭が気になる方はドライマウスかもしれません
ドライマウスを放置しておくと、日常生活に支障をきたします。
そうなる前に武蔵小山のJUNデンタルクリニックへお越しください
ドライマウスの症状とお口の健康への影響をお教えいたします

ドライマウスの症状とは?

まずドライマウスとは、お口の中が乾燥する、口臭、唇のひび割れ、夜喉が渇いて目が覚めてしまうなどの症状があります。その原因は薬による副作用や他の病気によるもの、ストレスや加齢、飲酒や喫煙、咀嚼(そしゃく)の低下や口呼吸などが主な要因です。ドライマウスは生活する上で必要な食べる、飲み込む、話すことなどを困難にしてしまいます。ドライマウスが原因で口臭、虫歯、歯周病、口腔感染症など口腔のトラブルにつながることもあります。

唾液の役割は、口内の潤いを保つ、安定した状態を維持する、食べ物の消化を促進する、ムシ歯から歯を守る、細菌の繁殖を抑えて口腔感染症を防ぐなどが挙げられます。もし唾液が充分でなかったとしたら、口腔環境がリスクにさらされていることになるのです。ドライマウスでお困りの方は武蔵小山の当歯医者にいらして下さい。

 

 

なぜ唾液が必要なのか? ドライマウスによってなるお口の中のトラブル

舌が乾く、違和感があると思ったら、それはドライマウスが原因かもしれません。舌を火傷した時のようなヒリヒリする感じなどがあれば、ドライマウスの危険信号が灯っているかも。あなたの舌は大丈夫でしょうか?

口の中はサラサラとした唾液で満たされているのが一番良い状態です。でも、ドライマウスの場合は口の中がネバネバする傾向にあります。これは、乾燥して口の中の水分が飛んでしまっていることや、唾液の分泌自体が少ないことが原因しています。もし、糸を引くような粘り気のある唾液が出たり、最近口の中がネバネバしているなと思ったら要注意です。

唾液には殺菌作用があり、口の中に唾液が充満することで虫歯や歯周病菌の増殖を緩やかにしてくれています。しかし、ドライマウスの場合は唾液の分泌が少ないため、虫歯菌などの雑菌が繁殖しやすい状態になっています。口臭が気になるのも唾液減少によるものです。飲み物を飲んでいても雑菌は減るわけではありませんので、唾液を増やすことが一番の解決策といえるでしょう。

ドライマウスになると舌も乾燥し、むき出しになって傷つきやすい状態になります。舌を保護しているのは唾液なので、口腔内の粘膜が保護されずに口内炎になりやすくなり、口の中のトラブルが絶えなくなってしまうかもしれません。

ドライマウスによって引き起こるお口の中のトラブルをいくつかあげましたが、当てはまるものはありましたか?

ドライマウスの症状が出ている方やそうでない方も大切な歯をお守りする手助けをさせてください。

お口の中について気になることがあれば、武蔵小山のJUNデンタルクリニックへお越しください。

お気軽にお電話ください
03-6452-4038 03-6452-4038
【月・水・木・金】10:00~13:00、14:30~19:00
【土・日・祝】09:00~15:00*日曜日は第2、第4のみ
東京都目黒区目黒本町3-16-7-1F
ACCESS

武蔵小山の歯医者・JUNデンタルクリニックは患者様に寄り添います

武蔵小山駅近くにある歯医者・JUNデンタルクリニックは、患者様一人一人のニーズにお応えいたします。 お子様からご高齢者の方まで、歯の痛みなどお困りのことがございましたら、武蔵小山の歯医者・JUNデンタルクリニックにお任せください。
JUNデンタルクリニック写真
店舗名 JUNデンタルクリニック
住所 東京都目黒区目黒本町3-16-7-1F
電話番号 03-6452-4038
営業時間 【月・水・木・金】10:00~13:00、14:30~19:00
【土・日・祝】09:00~15:00*日曜日は第2、第4のみ
定休日 火曜日 第1,3,5日曜日
最寄駅 目黒線 武蔵小山駅  東急東横線 学芸大学駅

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。